Monthly Archives: 12月 2016

取り入れて水をきれいにする

カーボンニュートラルを取り入れることは、結果的に農作物や植物などがたくさんの二酸化炭素排出し、空気を循環させることになります。このような植物の働きは土壌そのものを綺麗に変えてくれるメリットだけでなく、土壌の内側に含まれてある水そのものが綺麗になります。水がきれいになり、良質な水がたくさん地球上に溢れるようになれば、今まで以上にしっかりと大気汚染や地球温暖化を免れることができるのです。

きれいな水がたくさん溢れることで様々な農作物は健康的に育ってくれます。これはわれわれ人間にとっても非常に良い影響がわかります。綺麗な水というのは大地を流れる中で大地そのものをのきれいにしてくれるといった循環機能も持ち合わせています。近年の地球環境汚染は大地を流れる水の汚染状況も大きく影響しているものとなっています。

カーボンニュートラルを取り入れた農業が盛んになることで、みすが綺麗になり、大地が恵まれた環境になるのです。また綺麗な水で植物が育つことによってわれわれが口にする様々な農作物も安心感が大きくなるでしょう。またこれまでは下水などをしっかりと濾過する様々な廃水処理において化石燃料などが使用されていました。このような部分についてもバイオマス燃料を用いることによって、二酸化炭素の排出量を減らしきれいな水を作りながら環境汚染を予防していくことになります。

地球維持には農業が必須

農業でカーボンニュートラルを取り入れることによって、これまでは化石燃料などから排出されていた二酸化炭素そのものをしっかりと相殺することができます。今以上に二酸化炭素の排出量を増やすことがありません。また、このように二酸化炭素の量が相殺されることで農業には非常に大きなメリットがあります。なぜならば、二酸化炭素の量が減れば良好な土壌の状況を保てるからなのです。二酸化炭素が増えるということは、地球温暖化の影響を受けてしまい、土壌がどんどん劣化してしまうことが考えられます。

また悪質な微生物などが増えてしまい、さらには雑菌なども増えてしまう事から、良質な土壌で農業を営むことが難しくなるのです。地球環境というのは非常に多くの農業で支えられている一面もあります。

もし、農業によって作物が得られなくなったら、われわれ人間の食生活はどうなってしまうのでしょうか。このような部分を考えた時に、カーボンニュートラルを積極的に取り入れることで最終的には農業の助けとなり、地球環境への大きな貢献となるのです。またカーボンニュートラルを取り入れた農業を行っていくことによって農業を営んでいる方々も結果的には大きな売り上げに繋がり、さらにお仕事が増えていく、または安定していくといったメリットが得られるのです。このカーボンニュートラルの仕組みは様々なメリットがあり、今後は農業でどんどん取り入れられることが望まれています。

カーボンニュートラルって何?

カーボンニュートラルという言葉をご存知でしょうか。このカーボンニュートラルというのは地球環境の危機について非常に大切な言葉となっています。これまで様々なエネルギーを作り出すために、いわゆるエコといった燃料ばかりではなく、化石燃料や化学燃料が使われていました。化学燃料を使ってエネルギーを作り出す際には、大気中にたくさんの二酸化炭素が生み出されてしまうことになります。そして、このように排出された二酸化炭素は地球汚染をしてしまう事も分かっています。

カーボンニュートラルはこれまで使われていた化学燃料と呼ばれるものや化石燃料と呼ばれるものを、バイオマス燃料に変えるというものになります。バイオマス燃料とは主に大気中の二酸化炭素を吸い込んで成長した植物から作られた燃料となっています。このような植物をエネルギー元として燃やした際に再び二酸化炭素が排出されてしまいますが、もともと二酸化炭素を吸い込んだ植物が原料となっているため、結果として排出される二酸化炭素プラスマイナスゼロになります。

これをカーボンニュートラルと呼んでいるのですが、二酸化炭素を過剰に排出してしまう原料ではなく、トータルでの排出量を相殺することができる方法をカーボンニュートラルと呼んでおり、今後地球温暖化を防ぐ方法として最も重要視されています。カーボンニュートラルを農業などで取り入れることで地球温暖化を少しでも防ぎ、さらには農業そのものを救ってくれることにもつながっていきます。

Back to Top