カーボンニュートラルって何?

カーボンニュートラルという言葉をご存知でしょうか。このカーボンニュートラルというのは地球環境の危機について非常に大切な言葉となっています。これまで様々なエネルギーを作り出すために、いわゆるエコといった燃料ばかりではなく、化石燃料や化学燃料が使われていました。化学燃料を使ってエネルギーを作り出す際には、大気中にたくさんの二酸化炭素が生み出されてしまうことになります。そして、このように排出された二酸化炭素は地球汚染をしてしまう事も分かっています。

カーボンニュートラルはこれまで使われていた化学燃料と呼ばれるものや化石燃料と呼ばれるものを、バイオマス燃料に変えるというものになります。バイオマス燃料とは主に大気中の二酸化炭素を吸い込んで成長した植物から作られた燃料となっています。このような植物をエネルギー元として燃やした際に再び二酸化炭素が排出されてしまいますが、もともと二酸化炭素を吸い込んだ植物が原料となっているため、結果として排出される二酸化炭素プラスマイナスゼロになります。

これをカーボンニュートラルと呼んでいるのですが、二酸化炭素を過剰に排出してしまう原料ではなく、トータルでの排出量を相殺することができる方法をカーボンニュートラルと呼んでおり、今後地球温暖化を防ぐ方法として最も重要視されています。カーボンニュートラルを農業などで取り入れることで地球温暖化を少しでも防ぎ、さらには農業そのものを救ってくれることにもつながっていきます。

Comments are closed.