地球維持には農業が必須

農業でカーボンニュートラルを取り入れることによって、これまでは化石燃料などから排出されていた二酸化炭素そのものをしっかりと相殺することができます。今以上に二酸化炭素の排出量を増やすことがありません。また、このように二酸化炭素の量が相殺されることで農業には非常に大きなメリットがあります。なぜならば、二酸化炭素の量が減れば良好な土壌の状況を保てるからなのです。二酸化炭素が増えるということは、地球温暖化の影響を受けてしまい、土壌がどんどん劣化してしまうことが考えられます。

また悪質な微生物などが増えてしまい、さらには雑菌なども増えてしまう事から、良質な土壌で農業を営むことが難しくなるのです。地球環境というのは非常に多くの農業で支えられている一面もあります。

関連資料<【日本モンサント】地球温暖化と農業:カーボン・ニュートラルな農業 – YouTube

もし、農業によって作物が得られなくなったら、われわれ人間の食生活はどうなってしまうのでしょうか。このような部分を考えた時に、カーボンニュートラルを積極的に取り入れることで最終的には農業の助けとなり、地球環境への大きな貢献となるのです。またカーボンニュートラルを取り入れた農業を行っていくことによって農業を営んでいる方々も結果的には大きな売り上げに繋がり、さらにお仕事が増えていく、または安定していくといったメリットが得られるのです。このカーボンニュートラルの仕組みは様々なメリットがあり、今後は農業でどんどん取り入れられることが望まれています。

Comments are closed.